和室を洋室に変更

和室を洋室に変更
こんにちは!
ROOM73の加藤です。

今、戸建てでリノベーションをさせて頂いているのですが、
その中の内容として『和室を洋室に変更する』という内容がございます。

和室を洋室に変更しようとすると、和室の名残を残さずに洋室化させないといけません。
和室を洋室に変更
↑このように、壁には長押や方立、大黒柱といった和室ならではの木材がついております。
これを解体することも出来ますが、解体するとかなりの費用がかかってしまうこともあります。
費用を抑えながら、且つ和室の名残を無くした洋室に使用とすると、どのような方法が考えられるでしょうか。

そこでお客様へご提案させて頂いた内容が以下の通りです。

・壁についている長押や方立は石膏ボードを用いて隠す
・大黒柱も同じように石膏ボードで隠す
・天井は解体せずにベニヤ板を貼り溝を無くす
・障子枠の溝もベニヤ板で穴を塞ぐ

上記の4点を提案させて頂きました。

解体する部分を極力無くした方法です。
長押や方立を石膏ボードで隠すという事は、室内の寸法が若干小さくなってしまいますが、
全体的に5cm小さくなるだけですので、目視ではわかりません。
こうすることで、和室の名残を完全に無くして洋室に出来ます。
和室を洋室に変更
写真はまだ内装材を貼っていない状態ですが、下地の状態であれば説明がしやすいと感じたので、コラムを書いてみました(^^)!

和室は好まれる場合もありますし、必要ないというご要望もあります。
ぜひ参考にしてみてください1
WORKS MORE